中国仕事

【越境EC】中国のEC市場について

これから中国に異動するので、

中国のEC市場について調べてみました。

2020年現在、中国の有名なアリババや

天猫といったEC取引の市場規模が

約160兆円を超える規模になっています。

金額が大きすぎて良く分かりませんが、

日本の国家予算は約100兆円です。

今日は、そんな中国のEC市場について

ご説明致します。

目次

  1. 中国ECの基本情報
  2. 売れるきっかけは口コミとSNS
  3. 3つのプラットフォームタイプ
  4. 【越境EC】個人でも参加参入可能なプラットフォーム
  5. 中国への【越境EC】の今後の動向

1.中国ECの基本情報

中国のEC市場は約160兆円

日本のEC市場は約18兆円、

約10倍のマーケットである。

天猫が№1シェア、

京東が№2シェア

日本の商品も結構売れている。

特に売れ筋商品なのが、美容関連・

健康関連・マタニティ・ベビー用品です。

特に日本に旅行に来た際に買った商品を

帰国してから再度購入するという

リピート購入の割合が多いのが特徴である。

2.売れるきっかけは口コミとSNS

中国では、これまでソーシャルバイヤーという

個人から商品を買う人が多かった。

企業の商品が余り信用されていなかった事が原因の様だ。

だから、個人間で信頼出来る人が仕入れてきた

商品を買うというビジネスモデルがこれまで盛んだった。

今では、最近になってやっと企業が消費者に

直接物を販売するというもでるが増えてきた。

上記の影響もあり、中国で売れる様になる為には

インフルエンサーを使ったSNS戦略や

口コミ戦略が最も重要となっている。

3、3つのプラットフォームタイプ

①中国ECプラットフォーム越境版 天猫・JD

 もともと、国内ECをやっていたプラットフォームの越境版

②中国初越境EC専門プラットフォーム(アプリ)

 中国側の会社が主体となり運営する越境EC専用の

 プラットフォーム

③日本初越境EC専門プラットフォーム

 日本側の会社が主体となり運営する越境EC専門の

 プラットホーム

ワンドゥ

https://www.inagora.com/crossborder-ec/

ボロメ

http://bolome.jp/

→上記3つのプラットフォームは全て、

企業しか参入できない。

4.個人でも参加が可能なCtoCプラットフォーム

微店(ウェイディエン)とはwechatが運営する、

スマートフォン向け大型ショッピングサイトです。

現在世界で約700万人以上の利用者がいます。

流通金額は約3500億円ともいわれる超巨大市場です。

さらに、中国最大のSNSアプリのwechatと連携しており、

そこから数多くのユーザーが流入してきます。

あとは、タオパオとかですかね。

ただ両社ともやはり競合が多いのと、

やはり言語が違うので、個人での参入は

非常に障壁が高い様に感じてしまいます。

というより、自社製品を持たない状態で、

サラリーマンのスタンスで参入するには

ちょっと通用しづらいのかなと思いました。

5.中国への越境EC市場の動向

中国国内から日本製品を購入する越境EC。

2018年度は約1.5兆円も購入されました。

2022年には倍の2.5兆円の市場規模になることが

予想されているそうなので、とても魅力的な

市場であることは間違いありません。

特に日本の商品が非常に関心が高いということは

事実なので、どこかに参入の隙間が無いか?

これから考えていこうと思います。

それでは、どうもありがとうございます!