中国仕事

【2020年】中国でVPNを使ってGoogleを使う方法

こんにちは!

月からの中国赴任を見据えて、

中国でのGoogleやYahooの使用など、

金盾の情報規制を回避する方法を検討したので、

ご紹介いたします。

1)そもそもVPNって何で必要か?

VPNという仕組みを知っていますか?

VPNとは「Virtual Private Network」の略式名称です

仮想専用回線」という意味を持ちます。

中国では、中国のサーバー経由でGoogleやFacebookなど日本で利用してきたサービスを使う事が出来ない為、上記のような仮想の専用回線を使用して

中国国外のサーバーを一旦経由する必要があります。

そうすることで、中国国内にいながら規制されている

国外のサービスにアクセスすることが出来ます。

 

2)一番おススメVPN 【VyprVPN

現在中国で利用できるVPNの中で特におススメだったのが、

【VyprVPN】というVPNサービスです。

海外大手のVPNサービスですが、

日本語に対応しているため断然使いやすいです。

またVPNのスピードも常に上位にランキングされてます。

3)【VyprVPN】のおススメポイント

Ⅰ、接続アプリが完全日本語化

VPNの利用者の大半が英語圏のユーザーの為、

VPNサービスのほとんどが英語がスタンダードです。

しかし、【VyprVPN】が提供するVPN接続アプリは

日本語に対応している。

ヘルプなども日本語に対応しており、

英語が苦手なかたでも利用しやすいのが特徴です。

 

Ⅱ、会社の規模大きく、様々なリスクが少ない

サーバーが設置されている国や地域が70か国以上

さらにサーバー台数が700台以上あり、

小規模のVPNサーバーで置きがちな、

ネットがつながらない、速度が遅い、

中国当局からブロックされるという心配が少ない。

 

Ⅲ、中国当局の規制に負けないタフネス

この【VyprVPN】の素晴らしい所が

この中国当局への対応の素晴らしさである。

2017年から2018年にかけて中国当局からの

執拗なVPN規制にもめげず不死鳥の様に

何度もサービスを再開しているそうです。

その為、今後も比較的安定して利用できる

サービスです。

Ⅳ、対中国プロトコル「カメレオン」がすごい

こちらも【VyprVPN】の特徴的な機能です。

こちらは中国当局からの規制をしづらくさせる、

特別な機能です。

このような機能が実装されているVPNサービスは

今のところこちらの【VyprVPN】だけである。

Ⅴ、気になる値段について

基本的には、現状下記3コースを選択することが出来る。

f:id:yoichiroukamei:20200516135824j:plain

 1、2年契約 60ドル 【2.5ドル/月】

 2、1年契約 45ドル 【3.75ドル/月】

 3、1月契約 12.95ドル 【155.4ドル/年】

個人的におススメなのは、1年契約ですね。

スタバのコーヒー一杯の価格で毎月利用できるならお得ですね。

↓↓↓↓↓↓↓【VyprVPN】サイトへアクセス↓↓↓↓↓↓↓

↓下記サイトから検索できます。

https://819e2802-e7c5-4ee0-80aa-00e101366a4a.netrule.net/buy-vpn-b?offer_id=60&aff_id=1998

 

4)まとめ

日本から中国に赴任が決まったら、

まずはVPNの設定と、現地で要する携帯電話の準備をしておきましょう。

現地に行ってからではVPNとはと調べようにも、

そもそもVPNの会社が規制掛かっていて調べられなくて八方ふさがり

ということも考えられるので、

早めに対策をしておくことが大切です。

それでは、快適なチャイナライフをお楽しみ下さい。